第6班 ファイアーサイドミーティング

第6班 ファイアーサイドミーティング

第6班 班長 内村 篤史

日時 2019年3月20日(水) 18時30分〜21時
場所 赤坂 とだ
参加者 半場慎一会長、引地正修幹事、北岡修一会員、藤枝誠会員、田口文彦会員(計6名)

 

「新都心ロータリークラブのこれからの10年を語る」をテーマに開催しました。 当初の場所から変更してしまったため、分かりづらかったことをお詫びいたします。6名の少人数での開催になったのですが、その分全員で話しがしやすく、普段中々お話できない方ともゆっくりお話できました。

  • 新都心ロータリークラブには各分野のスペシャリストがいるので独立したい人のサポートも行って、ロータリーに入ってもらう人を育てる。
  • ロータリーがロータリアンを創っていく仕組みを創る。
  • 4つのテストはもっと若い経営者に知ってもらいたい。若い人を増やしたい。
    4つのテストのロータリーソングを歌って、もっと理解を深めたい。
  • 新都心ロータリークラブが地区全体を引っ張っていく存在にさらになっていきたい。
    影響を与えられる存在になりたい。
  • ブランディング委員会の強化、新都心らしさをアピールして若い人達が入りたくなるクラブを目指したい。
    異業種の人と上下の差なく友達になれるいい会なので。
  • メイキャップで来てくれる人の対応を更に良くして、他のクラブにも良いクラブだと思ってもらえるようにしていく。
  • ファイアーサイドミーティングは6人とか8人ぐらいでやるのがいい。
  • 今年一年はやいねと10回言うとあっという間に10年経つ
    1年ずつの積み重ねが大事。
  • 30年前は1業種1名ステイタスがあった。中を固めていきブランドを高めていきたい。
    ロータリーの価値を高めていきたい。
  • 出席率を更に高めていきたい。

 

ありがとうございました。

一覧に戻る 前の記事へ

お問い合わせ

ご意見・ご質問など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。