TOP

例会スケジュール SCHEDULE

img

<プロフィール> 修復研究所二十一 所長  東海大学非常勤講師 1987年、学校法人高澤学園創形美術学校修復研究所(現・修復研究所二十一)に研究員として入所し、油絵の修復に従事するとともに、兼ねてからのテーマである古典絵画技法についての調査を開始する。1996~1997年、文化庁在外研修員として、ドイツ、ベルリン美術館群ラトゲン研究所およびプロイセン城郭庭園財団にて古典絵画の技法的調査と宮殿における壁面画の修復について研修を行う。2010年、プロイセン城郭庭園財団サンスーシ宮殿絵画修復工房客員研究員として、同宮殿の天井絵画の修復および、メクレンブルク・フォアポンメルン州、ギュストローの聖母教会祭壇画をめぐって進行中だったドイツ・ベルギー国際共同修復プロジェクトの調査にも参加。1998~2003年、 東京藝術大学大学院文化財保存学保存修復(油画)研究室非常勤講師を務め、2005年から東海大学非常勤講師として古典技法と絵画組成論を担当。2000年にパリ日本館所蔵の藤田嗣治作「欧人日本へ渡来の図」と「馬の図」を 対象とした日仏共同修復プロジェクトに参加し、その際に同作品の下地の特殊性とタルクを使用した描画について 着目し、2006年の明治美術学会で報告した。2016年、文化財保存修復学会業績賞受賞。2010年より、グループ展『古典技法研究会模写展』に出品参加。

修復研究所二十一 所長
渡邉郁夫 氏
日 時 2017年5月31日(水)
場 所 ハイアットリージェンシー東京

過去の例会

地域の活動に参加したい。自分の能力をほかの人たちのために役立てたい。あなたが共に活動できるメンバーは、東京新都心ロータリークラブでみつかるかもしれません。魅力あるロータリーの活動を知りたい、参加したいという方は、気軽にお問い合わせください。
電話によるお問い合わせ: 03-3340-3555 Eメールによるお問い合わせ:shintoshin-rc@par.odn.ne.jp

電話によるお問い合わせ 03-3340-3555
shintoshin-rc@par.odn.ne.jp