TOP
第1429回例会

「2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて」

img

株式会社スポーツコミュニケーションズ 代表取締役 スポーツジャーナリスト
二宮 清純 氏
スポーツはあらゆる産業の中で、唯一、副作用のない産業である。クラブができれば人が集まる。人が集まれば消費活動をする。地域には一体感が生まれ、まちの知名度も増す。今後は経済効果のみならず、“心のインフラ”としても、スポーツの持つ価値は、いよいよ高まっていくだろう。
また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを成功させ、日本が世界から「スポーツ大国」との評価を得る上で、カギになるのはパラリンピックではないかと考える。 障がい者スポーツの環境整備は、この先ますます進む高齢化に対する備えともなる。バリアフリー化は障がい者のみならず高齢者や要介護者にとっても有益である。そして、それこそは本当の意味での「レガシー」だろう。

プロフィール
1960年、愛媛県生まれ。
スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、
メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。
「中国地域プロスポーツ団体連携プラットフォーム構築事業」プロジェクトマネージャー。東北楽天ゴールデ
ンイーグルス経営評議委員。日本サッカーミュージアムアドバイザリーボード委員。テレビのスポーツニュース
や報道番組のコメンテーター、講演活動と幅広く活動中。
[オフィシャルHP] https://www.ninomiyasports.com

<主な著書>
「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)
「最強のプロ野球論」(講談社現代新書)
「勝者の組織改革」(PHP新書)
「勝者の思考法」(PHP新書)
「スポーツを『視る』技術」(講談社現代新書)
「ワールドカップを読む」(KKベストセラーズ)
「野村克也 知略と戦略」(PHP研究所)
「変われない組織は亡びる」(河野太郎議員との共著・祥伝社新書)
「プロ野球『人生の選択』」(廣済堂出版) など著書多数。

最新刊は「歩を『と金』に変える人材活用術」(羽生善治氏との共著・廣済堂出版)

日 時 2019年6月5日(水)
場 所 ハイアットリージェンシー東京

地域の活動に参加したい。自分の能力をほかの人たちのために役立てたい。あなたが共に活動できるメンバーは、東京新都心ロータリークラブでみつかるかもしれません。魅力あるロータリーの活動を知りたい、参加したいという方は、気軽にお問い合わせください。
電話によるお問い合わせ: 03-3340-3555 Eメールによるお問い合わせ:shintoshin-rc@par.odn.ne.jp

電話によるお問い合わせ 03-3340-3555
shintoshin-rc@par.odn.ne.jp