TOP
第1407回例会

「働き方改革の真の目的は、企業と産業の淘汰」

img

レッドフォックス株式会社 
代表取締役社長

別所 宏恭
今の働き方改革はブームで静かにして居れば過ぎ去るものでは無い。
政府は本気です、徐々に厳しくなります。
どこまでやれば良いのか?
それは人口統計を見ればわかります、この10年以内に労働生産性を倍にすることが求められています。
5%、10%ではなく100%以上のです。
これは日本の産業構造の抜本的な変革が求められています。
解決策は2つ、ビジネスモデルを根本ていに変えて労働集約型では無いものにする。
アウトーシングして自社の社員を使わないのではなく、そもそも労働量の画期的な削減を行う。
宅配の新聞をやめて、ネット配信のニュースのみにするような。
もう一つは、業界を独占して研究開発費を国際競争力のあるレベルまで上げて労働生産性をあげる。
アスクルやゾゾタウンなどように物流の生産性と品質を同時に高次元で高める研究開発投資を行う。

私達自身も労働集約的産業のシステム開発からSaaSにビジネスモデルを変革したように、cyzenを通じてスマートフォンを使った業務に改善ではなくゼロベースで再構築するお手伝いをしています。
cyzenは特定業界、特定業務の改善を目的としたものではなく、スマートフォンなどの最新技術をフル活用して、  cyzenありきで業務をゼロから再構築するために試行錯誤できるツールです。

日 時 2018年11月14日(水)
場 所 ハイアットリージェンシー東京

地域の活動に参加したい。自分の能力をほかの人たちのために役立てたい。あなたが共に活動できるメンバーは、東京新都心ロータリークラブでみつかるかもしれません。魅力あるロータリーの活動を知りたい、参加したいという方は、気軽にお問い合わせください。
電話によるお問い合わせ: 03-3340-3555 Eメールによるお問い合わせ:shintoshin-rc@par.odn.ne.jp

電話によるお問い合わせ 03-3340-3555
shintoshin-rc@par.odn.ne.jp