TOP
第1379回例会

おもてなしの仕事を通じて身につけた“由美ママ流記憶術”

img

銀座 「クラブ由美」オーナーママ
伊藤由美 氏
記憶力は勉強、仕事などの大切なベースとなる能力であり、おもてなしのうえでも重要なサービスです。

私はつい最近(2月3日)、日本経済新聞の土曜版【NIKKEIプラス1】『くらし物語』の特集「顔と名前 画像で覚える」の記事内で、“由美ママ流記憶術”として紹介されましたが、さらには、NHK『あさイチ』や『ためしてガッテン!』『マサカメTV』に加え、昨年は『徹子の部屋』にも“記憶力の達人”としても登場しました。
私の“記憶術”は、簡単で名刺とお顔を一緒に一瞬にして「脳のシャッターを撮り、記憶に残す」方法ですが、その後の復習が大事で文字にして書くことを心がけています。たとえば御礼状を書いた折、前日にお話しした内容をひと言添えたり、相手にも自分自身にもエピソードと同時に残せるよう印象付けます。

そんな由美ママ流の記憶術を、拙著『記憶力を磨いて、認知症を遠ざける方法 銀座のママと脳神経外科医が語る、記憶の不思議とメカニズム』(ワニブックスPLUS新書)から、記憶力を鍛えて・磨いて・衰えを防ぐ簡単な方法をお話させていただきたいと思います。是非参考にしていただけたら幸いです。

プロフィール
伊藤由美(いとう・ゆみ)
銀座「クラブ由美」オーナーママ。東京生まれの名古屋育ち。18歳で単身上京、クラブ「紅い花」に勤務。その後、19歳で「クラブ宮田」のナンバーワンに。さらに22歳で勝新太郎の店「クラブ 修」のママに抜擢される。1983年4月、23歳でオーナーママとして「クラブ由美」を開店(2018年4月に満35周年を迎える)。
17年11月に「シャンパーニュ騎士団」よりフランスの芸術文化勲章オフィシエ・ドヌール(名誉将校)を女性として初叙任。
著書に『スイスイ出世する人、デキるのに不遇な人』『銀座の矜持』『できる大人は、男も女も断わり上手』(共にワニブックス)、『粋な人、無粋な人』(ぱる出版)、『記憶力を磨いて、認知症を遠ざける方法 銀座のママと脳神経外科医が語る、記憶の不思議とメカニズム』(ワニ・プラス)などがある。また、昨年銀座ママとして初めて【徹子の部屋】に“出演”!
女優の杉本彩さんが理事長を務める「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva(エヴァ)」の理事も務め、動物愛護活動をライフワークとする。

日 時 2018年3月14日(水)
場 所 ハイアットリージェンシー東京

地域の活動に参加したい。自分の能力をほかの人たちのために役立てたい。あなたが共に活動できるメンバーは、東京新都心ロータリークラブでみつかるかもしれません。魅力あるロータリーの活動を知りたい、参加したいという方は、気軽にお問い合わせください。
電話によるお問い合わせ: 03-3340-3555 Eメールによるお問い合わせ:shintoshin-rc@par.odn.ne.jp

電話によるお問い合わせ 03-3340-3555
shintoshin-rc@par.odn.ne.jp