TOP
第1321回例会

「ロータリー財団100周年の意義」

img

RI第2580地区補助金委員会副委員長・財団資金管理委員会委員

加藤 和詳 氏
ロータリー財団は、100周年を迎えます。
2017年6月10日~15日、アトランタで100周年を祝って
国際大会が開催されます。

 ロータリー財団の歴史
  1917年 ロータリー基金として発足 アーチ・C・クランフ
  1928年 ロータリー財団と名付ける(1983年 非営利財団法人)
  ロータリー財団管理委員会が慈善的、教育的目的のためにのみ 
  運営する。

 ロータリー財団のプログラム
  ①補助金(地区、グローバル)
  ②ポリオプラス
  ③ロータリー平和センター

 ロータリー財団への寄付
  ①年次基金寄付:150$(標語:EREY(Every Rotarian, Every Year))
  ②恒久基金寄付:30$
  ③ポリオへの寄付:30$
  ④ロータリー平和センター:20$

 DDF(地区財団活動資金)District Designated Fund
  DDFの額=3年前の年次基金の半額+恒久基金の収益の半額
  寄付が少なければDDFは少なくなる。⇒寄付をお願いします。
  DDFの使い方には、次の4種類がある。①DDFを寄贈する(ロータリー平和センター等)、
  ②地区補助金として使う(DDFの50%)、③グローバル補助金として使う、④DDFを貯める。
  地区補助金の実績(カンボジア新都心スクールの高校生へ奨学金)

ロータリー平和フェローシップ:提携大学の1つは、国際基督教大学(日本)。

日 時 2016年11月2日(水)
場 所 ハイアットリージェンシー東京

地域の活動に参加したい。自分の能力をほかの人たちのために役立てたい。あなたが共に活動できるメンバーは、東京新都心ロータリークラブでみつかるかもしれません。魅力あるロータリーの活動を知りたい、参加したいという方は、気軽にお問い合わせください。
電話によるお問い合わせ: 03-3340-3555 Eメールによるお問い合わせ:shintoshin-rc@par.odn.ne.jp

電話によるお問い合わせ 03-3340-3555
shintoshin-rc@par.odn.ne.jp